人気ブログランキング | 話題のタグを見る

あやかりたい

ちょっと最近ネットで騒がれていたので備忘録的な感じです。
あるサイトが開始4年目にして突如PVが1,500万に迫ったという話。

話題のサイトは「bokete.jp」という、投稿された写真やイラストに、テキストの「ボケ」を付けて楽しむ、というサービスです。詳細はこちら

サイトの内容自体も結構面白いのですが、我がワカゾーと社員構成が似ています。
なんと、社員はみんな兼業らしいのです。しかも収益に関する考え方も
まあ、副業的な感じで、ちょっとづつ儲かればいいや、みたいな感じです。

ヒットの理由はどうもソーシャルによる拡散で一気にきたようです。
ぜひあやかりたい!

そして、この中で私が一番好きなのが
これ

最高です!

ちょっと、サイトを研究する必要があると思いました。

社長のブログ
マッシュのブログ
# by 0108shimizu | 2012-10-17 01:11

記憶力

記憶力には「短期記憶」と「長期記憶」があるらしいです。

先日の社長との会話はお互いに「短期記憶」の欠如ぶりに驚かせられました。
例を出すと
私「じゃあ、打ち合わせは来週の日曜の18時、六本木で」
社長「わかった、何曜日にやる」
私「日曜です」
社長「了解、何時頃にするか」
私「18時です」
社長「そっか、どこが出やすいかな」
私「六本木・・・」
社長「ごめん。スケジュール、メール出しといてくれ・・・」

確かに30代も後半になると記憶力がガクッと落ちたような気がします。
いわゆる短期記憶をする部分が弱っているのか。
こうなると、会話が成り立っているのか成り立っていないのかわかりません。
相手の話している内容が右から左へと流れているだけです。

それにしても、途中からコイツ覚える気があるのか、と感じました。

一通り電話終え、数十分後。
社長からlineがありました。内容は

「メールくれ」

でした・・・。

次回は、覚えていたらマッシュの弓道を見てみたいと思います。
# by 0108shimizu | 2012-09-23 23:19

追い込み

人によって自分の追い込み方は違います。

前回、まっしゅについて「追い込まれると凄い」てきな
ことを書いたのですが、早速、まっしゅは自分を追い込んで
いたみたいです。

どんな追い込み方かというと
まずは体力を奪おうと思ってご飯を減らして、
お出かけしたくならないよう
日光を当てないようにして、
・・・

と、ちょっと笑ってしまいました。

ただ、笑ってばかりいてはダメなはず。
そこから何かを見つけるなら、自分を
追い込もうとするその躊躇の無さでは無いでしょうか。

必要と思ったことをすぐにやる。
AがダメだったらB、BがだめだったらCというように
必要なことをすぐにやることでしょう。

そんなマッシュをみていて思い出したのは
昔の会社の上司にもらったメッセージだったのですが
書いてあったのは
「これからも無理していこう」
でした。
# by 0108shimizu | 2012-09-03 23:59

社長の病

「オレ、がんかもしれない」
吉祥寺で打ち合わせの帰り道、私が所属している
株式会社wakazoの社長、章太郎に打ち明けられました。
その口調はいつになく深刻な様子。

まず頭をよぎったのが、wakazoのもう一人の社員である
まっしゅに何て伝えたらいいのかな、ということでした。
一歩間違えたら、我が社の副社長にしてクリエイティブディレクター
の仕事は一気に止まってしまう可能性があったからです。

さて、このまっしゅですが、美大出のいわゆるアーティストです。

作品の実力は言うまでもありませんが(それはこんど紹介します)、
政治もビジネスも全て感性でインプットしてアウトプットしていくタイプ。
このため、商談中にクライアントに放つ言葉にもいっさいの手加減がありません。
クライアントの額に浮き出る青筋を見ながら、
「そんなこと言っちゃダメ!!!」と泣きそうになったこともありました。

しかし、不思議なことに、商談が終わるころになると、クライアントの
ほとんどはまっしゅのファンになっているのです。

では、まっしゅはどんな言葉を話しているのでしょうか。

じっくり聞いてみると、そんなに難しいことやトリッキーなこと、
誰も考えつかないことを話している訳ではありません。
むしろ正論的なことが多いのです。

ひょっとすると、この正論が、経営者や政治家の心を
つかむのかもしれません。

ビジネスの世界にいると、クライアントを説得するためのテクニック
多く習うのですが、そういった手練手管を何度も実践していると
単純な正論がとても新鮮に思えてきます。それが相手の心を掴むのでしょうか。

まあ、何はともあれ、結果オーライでいくと、まっしゅはビジネスができる
アーティストとして、希有な存在であることはまちがいないと思います。

ただ、弱点は仕事のペース。本人曰く「追いつめられないと」
ということ。なるほど、アーティストの能力とか感性はある程度の
負荷をかけた方が高く弾むのかもしれません。

とはいえ、社長の”がん疑惑”は負荷としては重すぎる・・・。
そして、今週の日曜、ついに社長の病名が分かりました。

でした。
# by 0108shimizu | 2012-08-27 23:56

企業を起業

一昨年の7月、会社を立ち上げました。

社名は株式会社ワカゾー。社員は3人。
社長は章太郎、副社長は通称マッシュ、私でスタートしました。

何をしているかはこちらをどうぞ。
株式会社wakazo

一昨日より3人で一気にブログを立ち上げ始めたのですが、
とりあえずこの社長と副社長って何?的な感じの説明が無かったので
とりあえず、社員の目から簡単に解説します。

まず社長の章太郎
ブログはこちら

この人、10年以上前、就職氷河期の中なんとか就職した出版社で
私の教育係だった人です。
社会人としての基礎は全部この人に叩き込まれました。
おかげで今はりっぱなサボリーマン。

現在は私は訳あって某起業につとめているのですが、
その中でもダントツで仕事をしていないのに頑張って
いる風をよそえるようになりました。

章太郎は、まあブログをみていただければ分かるのですが
立派な厨二病です。

ただ、最近思うのは社長とかアーティストとか
そういった特殊なクリエイティブ系の人はどんな人も
厨二病を煩っているように思います。

厨二病の人がみんな優秀という訳ではないのですが、
優秀な人は厨二病を煩って、周囲からやんや言われても
貫き通せる人ではないでしょうか。

逆に言えば優秀だから貫き通しても周囲が黙認、もしくは
引きずられる、ということなのかもしれません。

これからそんな厨二病の社長が事業をどのように展開をしていくのか。
これからこのブログでは、会社を中からしっかり見つめて
株式会社ワカゾーの七転八倒ぶりをご報告していきたいと思います。

次回は副社長のマッシュを紹介する予定です。
ちなみにブログはこちら

ではこれからよろしくお願いいたします。
# by 0108shimizu | 2012-08-20 23:59